FC2ブログ

第2章 がんばれ!チャンポン (オトウチャン改め)

第1章「中年夫婦の夢ブログ」に続く第2章!笑いと涙にまみれるチャンポンの生き様を、どうぞお楽しみください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスモスたんに夢中ですの



わっ クマノミたんだ~

いいなあ
アタチも泳ぎたいなあ
イソギンに入って 気持ちよたそう



こんばんわ

最近 噂になってる アタチ
植物園の のうさ ぎん子 です

ヒマワリたんには ごめんねって
謝っておきまちた

あの夜
パセリで お腹いっぱいにさせられて
ヒマワリたんに 会えなかったんです

新芽が出たら 食いに行くねって
約束ちてたのに・・・

ヒマワリたん
大きくなりすぎたので
もう アムアムできません

いまは アタチ
隣の花壇の コスモスたんに夢中ですの







スポンサーサイト

ヒマワリ畑のアタチです!



植物園のヒマワリ畑です




種子をね 5回まいたそうですわ

やっとここまで
成長してくれました

4回は 豪雨で土ごと流され
5回目で やっと発芽

でもね どうやら
発芽を待ちわびていたのは
ヒマワリ畑の担当者だけでは
なかったようです

> ちょうらいな~
> ヒマワリの新芽
> アタチにも ちょうらいな~




勘弁してよね~ も~ (笑

おそらく
ヒマワリ畑の周りを
みんなで取り囲んで
ヒマワリの発芽を
ジッと見てたんでしょうね

はい 対策していただきました

畑の周りに
フサフサのパセリを植えたんです

パセリは
一晩のうちに
芯だけに なっちゃいましたけどね

さあ いよいよヒマワリが・・・

でね こんどは
ネットを張って防御です

なんとか
野兎ちゃんの被害を免れて
ここまで大きくなったと思ったら
こんどは台風ですわ なんでやねん!

すべて 風で倒伏してしまいました

やっせんかったがね もうダメやった~ (泣

ところが!
何日かたって 見にいくと
茎の角度を変えて 花の部分が
立ち上がっていましたわ

どっこい オイラ 生きてるぜ!
へいへい こちとら江戸っ子だい!


キャーキャー ステキ たくましか~
強かとですね ヒマワリたん!



この先も
このヒマワリを
どんな運命が待ち受けていることやら


いいんだよ~

疲れたら
ゆっくりして いいんだよ

そんなに がんばらなくて いいんだよ

チャンポンが毎日
アンタに会いに行くとばいね





ヒマワリ畑の担当が 聞いてきました

> テラリウムもやってるんですか?

やってまへんがな どうしたん?

> 植物園内で
> 展示したらどうかなって
> 考えているんです


ふーん

> 設置するときは
> 相談させてください


ふーん


スミレの仲間のトレニアを
ピラニアと言ったり

リビングストーン・デージーを
ブリジストン・デージーと言い放ったり

そんな調子なんだからね

テラリウムの水槽が
チンアナゴの巣 になっちまっても
しらねえよ~ がは!



暗い方へ 暗い方へと

植物園内でデートする若者を
よく見かけます

仲良く手をつないでいるようですが
満員のバスが見えてくると
スッと離れているようにも見えます

展望所では決まって
二人寄り添うように腰掛けています

変にベタベタして見えないのが良いですね

バスで案内しているときに
時々こんな若者たちと出会うのです

うらやましかあ

中3で
初めてお付き合いした初恋の相手とは
お別れするまで
手さえ握ることのできなかったチャンポンです

バスの中では大見得を切って
オバハンたち相手に こうカマシます

>今の若者は健康的というか 健全というか

>私たちが若いころは

>二人きりになると

>暗い方へ 暗い方へと

>連れ込んでましたけどねえ

オバハンたち : がははははははあ~






チャンポンの水槽は
天然の海水を使っています
海が凪いで透明度の高いときに
せっせと汲みに出かけます
東シナ海にです W

水槽を3本管理してるんで
18Lのポリタンクで
最低でも2本か3本は必要ですねん

水温管理は部屋のクーラーを
タイマーで午後2時から5時まで
作動させています

閉め切った部屋では
水温が28度を越えてしまう日が多くなりましたから

電気代どうすんのよってのが
最近のオカアチャンの口癖ですわ








なかなかのもんでしょ?

こんばんは

チャンポンが、オカアチャンに働かされている植物園です



なかなかのもんでしょ?って^^

そして お客さんはおっしゃいます

こんなところで仕事ができてうらやましいですね と

来園されるのは もともと植物が好きな人でしょうから

そう思われるのでしょうね

チャンポンは この環境で仕事ができることを
特に恵まれていると感じるわけではありませんよ

ただ ほぼ毎日です
4~50人の人たちと
出会って知り合える わずか35分間であっても
交流できることを恵まれていると思うことはあります

さらに言えば
それらの人方に
別れの時に ありがとう 楽しかったよ と
言ってもらえる喜びは
捨てがたいものがあります

そしてもうひとつ
じつは この植物園の広~いエントランスに
サンゴと海水魚の水槽を設置することを
ひそかに企んでいるチャンポンなのですよ

いつかきっと
実現したいですね






海水魚 ブログランキングへ







とばすぜ!ハイウエー~

いまね、植物園で働かされているチャンポンです

花や木などにまるで興味のないチャンポン
近くの植物園の
園内バスの運転だからということで行ってみたのですが
なんと、植物ガイドをやらされているんですわ W

1周35分のバスの運転をやりながら
10人ほどの乗客に植物の紹介や案内をしなければなりません

その仕事にも
いまではすっかり慣らされてきてしまいましたけどね

それでも、連休明けにバスに乗って
園内の案内に出るときは要注意です

これまで見たこともない花が
しっかりと咲いちゃってたりします

そんな花にかぎって
きれいで 目立っちゃって 香りまで放ってたりするのです

そんなときは・・・そんなときは・・・バスの・・・

アクセルを、思いっきり踏み込んでしまう、僕なんです

来園者のみなさん、ごめんなさいっ




いま飼っているクマノミのペアとハタゴイソギンチャク
スターポリプに手前がハードチューブですかね

じゃ さいなら


海水魚 ブログランキングへ




Newest

Designed by Akira.
Copyright © 第2章 がんばれ!チャンポン (オトウチャン改め) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。